【初心者】エックスドメインの無料サーバーにWordPressを設置する方法

 2014/08/15

エックスドメインで取得したドメインをサーバーで使えるようにする

おすすめドメイン】エックスドメインの取得方法に続いてエックスドメインの無料サーバーの設定をご紹介します。

ドメインを取得したからといって、すぐWordPressが使えるという訳ではありません。取得したドメインをサーバーで使えるように設定する必要があります。

設定といってもエックスドメインの無料サーバーは無料なのにWordPressの【簡単インストール機能】がついていますので言葉のとおり簡単です。

スポンサーリンク

エックスドメイン無料サーバーでの設定

まずこちらの管理画面から【ご契約ドメイン一覧】を開き、【ドメイン管理】をクリック。

(ログインのアドレスとパスワードはドメイン取得の際に入力したモノですー。)sava7

 

ドメインパネルというのが開きますので、【ネームサーバーの確認・変更】をクリック。 sava8

 

ネームサーバーの簡単設定の画面が開きますので、【Xdomain専用DNS】を選択。sava9

 

これで取得したドメインと無料サーバーが結びつきました。簡単でしたね。

もうちょっと続きます。

 

次は無料サーバーにWordPressの設定をします

管理画面TOPに戻って、右のメニューから【無料レンタルサーバー】を選びクリック。

【サーバーID】のところ自分で決めた文字列を入力します。

こちらはおまけ(?)でもらえるサブアドレスになるので忘れないようメモしていてください。 sava10

 

【無料レンタルサーバー】の画面から【WordPress】から【利用を開始する】をクリック。 sava11

 

まだインストールしているWordPressが何もない状態ですね。【新規インストール】をクリック。
sava12

 

ドメイン設定追加の画面になりますので【Xdomain管理のドメインを追加する】をクリック。 sava13

 

登録したドメインを選択し、【ドメイン設定を追加する(確認)】をクリック。sava14

 

WordPressでブログを始めるのに必要なコトを入力します。sava15-1

まず、【サイトアドレス】のところ。こちらはサブアドレスを作るときに入力するのですが、サブアドレスは使わないので入力しません

ドメインは1つに対して何個も(こちらのエックスドメインの無料サーバーではドメインを契約して100個まで) サイトを作ることができます。

しかしサブドメインは検索サイトでは効力が落ちると言われています。検索サイトでなるべく上位に表示されるようにしたいので、サブドメインは使用しない方がいいでしょう。

次に【WordPress ID】をメモしてください。特に誰からも見られるものではありません。

【ブログタイトル】と【メールアドレス】は後から可能ではありますが、忘れないようにしてください。入力が終わったら【次へ進む】をクリック。

 

これでインストール完了です!

無料サーバーにあなたが取得したドメインでWordPressが設定できました。sava15-2

【管理ユーザ】【パスワード】は控えてくださいね。

これでWEB上にはあなたのWordPressのブログがアップされました。

※この時点ではgoogleやyahooの検索サイトにはまだ出てきません。それにはまた登録が必要です。

確認してみる

管理画面から【無料レンタルサーバー】→【WordPress】の【管理パネルログイン】へ。

この画面から【ダッシュボードへ】をクリック。 sava15

 

こちらに先ほどメモした【管理ユーザ】と【パスワード】を入力しログインするとWordPressの管理画面に入ることができるようになります。

こちらのhttp://あなたのドメイン.●●●/wp-admin/ というアドレスはWordPressの管理画面になるのでお気に入りに登録しておいた方が便利です。sava16

これでサーバーにWordPressの設定の完了です。次は自分のパソコンとサーバーをつなぐ設定をご紹介します。

エックスドメインの無料サーバーにFTPソフトFileZillを設定する方法

サイト作成

Please comment!

  

Messege




現在トラックバックはありません。