【WordPress】Jetpackの[パブリサイズ共有]と[共有]は自動でOGPを設定します

 2014/09/29

ogp

WordPressの搭載機能満載のJetpack。ツイッターとフェイスブックページへ更新状況を投下できるという【パブリサイズ共有】という機能を設定していました。ふと自分のサイトのコードを確認していると、ん?(°ω°)OGPが二つある(・:゚д゚:・)と大慌てしました。

スポンサーリンク

OGPの2重設定に注意!!

当然OGPは2つもいらないのでJetpackをとりあえ利用停止にし、色々調べてみました。

OGPを吐き出すのはパブリサイズ共有と共有

とりあえずこの2つの設定を解除するだけでOGPの2重問題は解除できそうです。

OGPはいらないけどJetpackは停止にしたくない

functions.phpにコードを記述すると勝手にOGPを吐き出すことはないようです。これはJetpackの公式ブログにも記載してあります。

Remove Jetpack’s Open Graph meta tags

何が書いてあるのかさっぱりわかりませんね。OGP削除の方法は下記のサイトにくわしく説明がのっていました。ご参考になさってください。

OGPの設定はそのままではない方がいい

jetpackのOGPはフェイスブックページなどの通常のOGPと合わせてツイッターカードも設定してくれています。しかしいいねやシェアをされた時の画像がWordPressの画像だったり、fb:adminsの設定がなかったりするのでOGPの設定はJetpackに頼らず、自分で設定した方がよいですね

OGPの設定はゆめぴょんさんの以下のエントリーがとても役に立ちます。

感想

Jetpackの[パブリサイズ共有]と[共有]をデフォルトのままでお使いの方はくれぐれもお気を付けを!Jetpackは多機能すぎてよくわかんないですね。いろいろ使いこなせたら便利なプラグインだとは思うのですけど…本でも出れば買うのにな。

それではちゅんこ@shufulifeがお送りしましたー

100日チャレンジ24日目

WordPress

Please comment!

  

Messege




現在トラックバックはありません。