急いで!LINEクリエイターズ着せかえの受付が4月中旬より受付開始!

 2016/02/26

LINEクリエイターズ着せかえが登場の図
先日LINEは、クリエイターズマーケットでLINEの「着せかえ」を作って販売できるクリエイターズ着せかえの受付を4月中旬より開始すると発表しました!

現在の飽和状態のスタンプでは、よほど話題にならない限り爆発的なヒットは飛ばせません。しかし、LINEスタンプも初期の頃は、「え?こんなんで50万も収入が?」というスランプもチラホラ存在しました。そうです!こういうものは最初に作ったもの勝ちです!

4月の受付開始に間に合うよう、今からでも着せ替えのイラストを作成しましょう!

スポンサーリンク

LINEクリエイターズ着せかえとは?

LINE着せかえは今までも有名キャラクターなどのものが存在していました。このようなのものですね。これを個人・企業を問わずに自作の「着せかえ」を販売できるサービスです。ラインスタンプの着せかえ版と言う感じですね。

クリエイターズ着せかえの概要については、LINE公式ブログでご確認ください。

クリエイターズ着せかえの報酬は?

LINE公式ブログでは以下のように発表されています。

販売価格は1セット360円、480円、600円(各150コイン、200コイン、250コイン)の中から、自由に設定できます。

売上総額からApp Store/Google Playなどの手数料(30%)を除いた50%(売上総額の35%)がクリエイターへの収益分配額となります

※分配された金額から源泉所得税を差し引いた金額を受け取れます。なお、クリエイター及び購入者の国により適用される税率が異なります。

自分で価格を設定できるのは、いいですね!

クリエイターズ着せかえで作成するイラストはどんなもの?

イラストを作成する前に、とにかくガイドラインを熟読する必要があります。スタンプと同様に適当に読み飛ばすと、力作だったとしてもリジェクトされる可能性がある為です。

着せかえの審査ガイドライン

クリエイターズ着せかえの審査ガイドラインは以下になります。(PC推進)
審査ガイドライン – LINE Creators Market

LINEスタンプの時に審査ガイドラインと、ほとんど同じなのですが、違う点がひとつあります。

LINEスタンプには「3.3.肌の露出が多いもの」という記載があるのですが、LINE着せかえにこの一文はありません。

どうして?(*∩ω∩)

着せかえの制作ガイドライン

クリエイターズ着せかえの制作ガイドラインは以下になります。
制作ガイドライン

さらにイラストについて詳細な記載や注意事項があるガイドラインはこちらです。
制作ガイドライン(詳細)

これによると用意するイラストは下記のようになります。

メイン画像 3個

  • iOS用 W100 × H142
  • Android用 W136 × H202
  • LINE STORE用 W198 × H278

同じ画像をサイズ違いで用意します。

メニューボタン画像 20個

        
  • iOS用 W128 × H150 10個
  • Android用 W128 x H112 10個

10種類の画像をサイズ違いで用意します。

メニュー背景画像 2個

  • iOS用 W1472 x H150
  • Android用 W640 x H112

同じ画像をサイズ違いで用意します。画像は用意しなくてもOK。その場合はカラースキンのデザインが適用されます。

パスコード画像 16個

        
  • iOS用 W120 × H120 8個
  • Android用 W116 × H116 8個

8種類の画像をサイズ違いで用意します。

プロフィール画像 4個

  • iOS用 W240 × H240 2個
  • Android用 W247 × H247 2個

2種類の画像をサイズ違いで用意します。

トークルーム背景画像 2個

  • iOS用 W1482 × H1334
  • Android用 W1300 × H1300

同じ画像をサイズ違いで用意します。画像は用意しなくてもOK。その場合はカラースキンのデザインが適用されます。

スプラッシュ画像(背景) 1個

  • Android用のみ W1300 × H1300

スプラッシュ画像(ロゴ+イラスト) 1個

  • Android用のみ W480 x H720
Attention

制作ガイドライン(詳細)にもありますが、各イラストは決められたファイル名を付ける必要があります。独自のファイル名を付けてしまうとリジェクトの原因となってしまいます。充分注意しましょう!

LINEきせかえのイラストはスタンプほど必要ない

このようにLINE着せかえのイラストは、iOS用、Android用のサイズ違いを用意することになります。また、ON、OFFの切り替えといったような画像も多いので何パターンかを作ればいいのです。

背景画像などの作成も必須ではありません。(そんな手抜きの着せかえなんて誰も買わないかもw)

スタンプではメッセージ性のパターンを考える必要があったのに対して、着せかえはそういう必要がないので幾分かは作成が策になるのかもしれませんね。

まとめ

  • 審査開始の4月上旬まで何パターンも作って申請する
  • ガイドラインを熟読し、イラストの制作に取り掛かる
  • イラストは、サイズ、ファイル名を気を付けて作成する

すでにスタンプをリリースした方は、それと関連性のある着せかえにしてもいいですし、とにかくいろんなパターンを作って見るのもアリですよね。目指せ!LINE着せかえ長者!!

LINEスタンプ

Please comment!

  

Messege




現在トラックバックはありません。