今からでも間に合う!?超初心者向けLINEスタンプの作り方

 2014/09/02

stamp

「LINEスタンプは当たれば儲かる」という話をきいて、自分も挑戦したい!と思った方も多いのではないでしょうか?

絵は描けるけどそれをLINEスタンプようのデジタルデータにする方法がわからない、どうやってスタンプを作ればいいか見当もつかない、そんな超初心者の方に簡単なイラストを作成する方法をご紹介します。

スポンサーリンク



お金をかけずにスタンプを作るには?

今回ご紹介する方法はPhotoshop-フォトショップ-という画像編集ソフトを使った方法でスタンプの作成方法をご紹介します。

しかしですね、このソフトは高い。そして今こちらのソフトはソフト単体での購入はできなくなり、年間契約で月払いか、一括支払いかでソフトの使用料を支払い、ソフトを使っていい権利を買うシステムに変わってしまいました。

Adobe Photoshop CC

こんな高価なソフト買ってまでスタンプなんて作りたくない、売れるかわかんないし。。。そう思ったあなた!Photoshopは30日間無料で使えるんです!

今回はその無料期間中にスタンプ作っちゃいましょう!って話です。

Photoshopの無料ダウンロードをするその前に。

Photoshopが30日無料ならさっそくダウンロードだ!となるのはちょっとお待ちください。あなたの使っているPCがPhotoshopを使えるほどのスペックがあるか確認をしましょう。Photoshopは高性能なソフトなので何年も前に買った古いPCでは動作しない可能性もあります。下記で確認してください。

Photoshop CC 2015 の必要システム構成と各国語バージョン

PCのスペックが大丈夫そうでも無料お試し版のダウンロードはまだです。なぜならこちらは使えるのが30日だけ。30日を過ぎたら、画像の編集は料金を払わないとできません。

まず初めに、絵を考え、下絵を描くのです!!どういうイラストがいいかは過去記事を参考にしてください。


スポンサーリンク

ラインスタンプを作る手順

LINEスタンプのガイドラインを確認する

LINEスタンプを作成するにあたっては必ず、LINEの定めるガイドラインに沿って制作しなければなりません。それに従わない作品はリジェクトと言って、申し込み後却下されます。

スタンプの審査依頼は大変込み合っている状況のようで、審査までだいぶ時間がかかります。さらにリジェクトとなるとフォトショップのお試し期間も終わってしまうので、ガイドラインの確認は慎重に行ってください。

制作ガイドライン

審査ガイドライン

必要なイラストの枚数

続いて上記ガイドライン、審査ガイドラインの規定に沿ったイラストを用意していきます。

  • メイン画像×1個 横240px × 縦240px
  • スタンプ画像×40個 横最大370px × 縦最大320px
  • トークルームタブ画像×1個 横96px × 縦74px

合計42個のイラストがワンセットになります。スタンプイラストはめんどくさいから20個だけでいいやーってはなりませんので必ず42個を用意する必要があります。

まずは紙にイラストを書く

白い紙に鉛筆で下書き

紙はなんでもいいですがチラシの裏だとスキャンしたときに裏の値段が写ってしまう場合があるのでおすすめしません。
stamp1

ペン入れ

マッキーの細い方とかでいいと思います。ちょっとくらい間違ってもPC上で消せるので問題ありません。

stamp2

鉛筆書き部分を消しゴムで消す

stamp3

下書きが終わったらついにフォトショップでの作業

万が一のリジェクトにも備えて、無料のお試しのダウンロードはこの時点でやった方がいいでしょう。無料お試しダウンロードは下記から。

Photoshop : 30 日間の無償体験版を開始

紙に書いたイラストをスキャンしてPCに取り込む

もしスキャンを持っていなければ、デジカメとかスマホのカメラのテキストモードとかで撮影した画像をPCに取り込んでください。

フォトショップでスキャンした画像を開く

インストールしたフォトショップを立ち上げ、【ファイル】→【開く】からPCに取り込んだ画像を開きます。

stamp4

2階調化

【イメージ】→【色調補正】→【2階調化】と進みます。

stamp5

2階調化のパネルが出現します。図のように三角を動かし、線の太さがいい感じになるように調整します。

stamp6

いらない線や写りこんだゴミとかを消す

左にいろいろアイコンの中から消しゴムのようなアイコンを探しクリック。(カーソルを乗せると【消しゴムツール】という説明が出ます。)次に下の方に四角が2つ重なったアイコンの右後ろの【背景色を設定】をクリック。カラーピッカーが現れますので【白(#ffffff)】を選びます。
そうするとカーソルが○に変わりますので、これでいらない線とか、ノイズとかを消して行きます。○の大きさの変更は下図を参考にしてください。

stamp7

足りない線を書き足す

線を書き足す場合は左から【ブラシツール】を使います。ブラシは紛らわしいアイコンが多くあります。アイコンにマウスをのせると説明が出てきます。
ブラシの種類、太さは【ウィンドウ】→【ブラシ】でいろいろ選べるパネルが出てきますので選択します。

stamp8

いらない余白を切り取るには

いらない余白部分を切り抜くには左のアイコンの【切り抜きツール】をクリック。図を参考に画像サイズを調整するといらない部分を削除することができます。

stamp9

色を塗る

左アイコンからバケツから水がこぼれたようなアイコンを探します。これは【塗りつぶしツール】といって、クリックしたところをベタ塗りします。
色の指定は左側の四角が2つ重なったところの左手前の四角をクリックし、カラーピッカーから選びます。

POINT

もし色がはみ出るようなら【ブラシツール】で線を書き足しスキマを埋めてからもう一度塗ってください

stamp13

ベタ塗りの短調な色が嫌なら【ブラシツール】でエアブラシなどを選び影をつけてもいいかもしれません。

stamp14

画像を切り抜く

左から筆のようなアイコンに点線で輪っかが描いてある【クイック選択ツール】を長押しすると魔法使いのステッキのようなアイコンの【自動選択ツール】が現れるのでそれを選択。図のように白い背景部分をクリック。そうすると画像以外の白い背景部分が選択されます。

stamp15

背景選択後、画面上の【選択範囲】→【選択範囲を反転】で画像が選択されますので、【編集】→【コピー】

スタンプの画像サイズを決める

【ファイル】→【新規】と進むと新規作成のパネルが現れます。自分が作成したいサイズに幅と高さを指定します。単位はpixelです

stamp10

Attention
  • メイン画像 横最大240px × 縦最大240px
  • スタンプ画像 横最大370px × 縦最大320px
  • トークルームタブ画像 横最大96px × 縦最大74px

そしてさらに下記の点にも気を付けなければなりません。

※スタンプ画像のサイズは、自動で縮小するために偶数のサイズにしてください。
※解像度は72dpi以上、カラーモードはRGBを推奨します。

ですので新規作成パネルでは、解像度は72dpi、カラーモードはRGBを選択します。さらに画像のサイズを指定するときは偶数です!!

スタンプの余白

スタンプは上記のサイズに加えて、余白を作る必要があります。余白の目安としてこの作業を記載しておきます。特に必要なければここはスルーでOKです。

stamp11

左側の四角のアイコン【長方形ツール】を選択。どこでもいいのでダブルクリック。そうすると【長方形を作成】というパネルがでてくるので、画像サイズの縦、横それぞれ-10pxのサイズを入力し、長方形を作ります。

stamp22
右上のパネルに(ファイルや編集の下あたり)に塗り、ストロークというパネルが出てるので塗りの所の四角をクリックし、一番左の斜線の四角を選択します。ストロークの太さは1か2pxあたりにしておいてください。

stamp12

①四角ができたら右のパネルのレイヤーというところを見つけます。(なければ上のパネル【ウィンドウ】→【レイヤー】)今は【背景】と【長方形】というのが2つあるかと思います。Ctrlを押しながら2つともクリックします。
②左の一番上の矢印のアイコン【移動ツールを選択】。③上のパネルに串刺しになったようなアイコンが現れますので、横の真ん中【垂直方向中央揃え】と縦の真ん中【水平方向中央揃え】をクリック。

作った長方形がど真ん中に表示されましたね。

画像の配置

上のパネル【編集】→【ペースト】でつくった画像を貼り付けます。【Ctrl+T】か【編集】→【自由変形】で貼り付けた画像のサイズを調整できるようになります。その際、画面上中央あたりの【∞】に似たアイコン(鎖)をクリックすると画像のサイズは崩れません。

Attention

先ほど中央に配置した四角からはみ出さないように画像を配置します。

stamp17

背景を透明にする

右のパネルのレイヤーの【背景】と【長方形】の目玉の部分をクリック。そうすると背景が市松模様になり、長方形が消えます。これは背景が透明になっている状態です。

stamp18

フォーマットをPNGで保存する

【ファイル】→【Web用に保存】

【プリセット】を【PNG-24】に。

stamp19

画像のファイル名は下記のとおりにしてください。

  • メイン画像 ファイル名「main.png」推奨
  • スタンプ画像 ファイル名「01.png~40.png」推奨
  • トークルームタブ画像 ファイル名「tab.png」推奨

stamp20

イラストを作っていたフォトショップのファイルも保存します。こちらのファイル名は任意の名前で構いません。

Attention

こちらのデータファイルには【.psd】という拡張子が付きます。このファイルはフォトショップの無料期間が終わったら開くことはできませんのでご注意ください!(※お金払えば使えるようになりますよ。)
pngで保存した画像ファイルは無料期間終了後でも大丈夫です。ただし、編集は出来なくなります。

この要領で、計42個のイラストを作ります。

42個ってけっこう大変です

ちゃんとできているか確認する

スタンプのシュミレーションが行える便利なサイトがあります。こちらでどんな風にイラストが出来ているか確認しましょう。

LINEクリエイタースタンプシュミレーター

stamp21

画像を送る側と送られる側にドラッグ&ドロップするだけです。

LINEのクリエイター登録

作成したらクリエイター登録とスタンプの登録を行います。そして審査を待ちましょう!!まずLINEのアカウントを持っていないと始まりません。持っていない方は即登録。LINEアカウントの作成はこちら

以上でイラストの作り方のご説明は終わります。

注意事項

この記事ではフォトショップを使って手書きのイラストからスタンプを作る方法をご紹介しましたが、あくまで、『作品のクオリティは低い』やり方です

今回ご紹介したフォトショップやイラストレイターというソフトを駆使するとイラストのレベルはグッと上がります。しかしフォトショップやイラストレーターは独学するには理解するのが難しく、私自身もスクールに通って習得しました。

まとめ

いかがでしたか?42個もイラストつくるのって結構大変です。それでも作ってしまえば、LINEに登録している限りお金が入ってくる可能性はあります。

宝くじのように買わなければ当たらないというか、イラスト作ってスタンプ登録しないとお金は手に入りません。

また、フォトショップは慣れてくるとレイヤーを使って表情違いやポーズ違いなども作れるようになります。しかし同じようなイラストばかりになるとリジェクトされてしまいます。

LINEスタンプの制作で一番大事なのは審査に通ることです。ガイドラインに沿ったスタンプ作成を心がけてくださいね!

LINEスタンプ

Please comment!

  

4件のコメント

  • 斉藤重隆 2016年3月21日 15:42

    こんにちは、私はシャトルステッカーでラインクリエーターズマーケットに、イラストを送りたいのですが、自分のカメラロールには入っています。やり方が分からずこまっています。3回失敗しました。アイホンのカメラロールのなかです。宜しくお願い致します。

    • ちゅんこ 2016年3月23日 9:06

      斉藤様

      恐れ入りますが、私はシャトルステッカーというものは存じ上げておりません。

  • 西田博美 2016年1月25日 19:00

    こんにちは!
    記載して頂いている通り作成してみたのですが、14ページ 長方形ツールからのダブルクリックで長方形作成がでなかったりでPhotoshpCS5バージョンでは無理でしょうか?

    • ちゅんこ 2016年1月25日 21:22

      西田様

      長方形ツールはダブルクリックでなくシングルクリックでも大丈夫でした。すみません。

      CS5でも長方形ツールもあるはずです。

      紹介しているのはフォトショの一般的な機能しか使っていないのでCS5程度なら問題ないかと思います。

      宜しくご確認ください。

Messege




現在トラックバックはありません。