WordPressで新規サイトを立ち上げる手順のワタシ的備忘録

 2015/09/17

start
WordPressで新しいサイトを作ろうとすると、いつも何からやるのか忘れてしまうので自分的備忘録です。想定しているのは企業サイトではなく、個人用のサイトです。思い出したら随時更新します。

Start Starting Line Americorps Cinema Service Night Wilcox Park May 20, 20117 / stevendepolo

スポンサーリンク


サイトのコンセプト&ドメイン名を考える

どんなサイトにしようかひらめいたらある程度カテゴリを決めてしまう。Googleサジェストツールを見て考えてみる。サジェストは下記のサイトが軽くてお気に入りです。

キーワードツール・サジェストでキーワード候補を取得

また、サイトにアドセンスを設置するときにはGoogle AdWords: Keyword Plannerもちょっと調べる。

Google AdWords キーワードプランナーについてはJUNICHIさんのブログがとても参考になります。

レンタルサーバーを借りる(新規・必要時)

レンタルサーバーはエックスサーバーがおすすめ。というか価格&機能のバランスから言ってWordPressでサイトを運営するならエックスサーバー以外今のところ考えられない。

月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

ドメインを取得する

ドメインは取得前にはドメイン履歴を必ず調べます。過去にどんなサイトが運営されていたか調べられるサイトがあります。

こちらのサイトに取得したいドメインを入力して、『Hrm.Wayback Machine doesn’t have that page archived.』と表示されれば過去の履歴なし、ということです。

過去の履歴があったとしたら、ブラックリストに入っていないか確認したり、すでにある被リンクを一応調べたりします。
Worldwide URI black list check 世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェック

SEOチェキ! 無料で使えるSEOツール

ドメインの取得するサイトはエックスドメインにしています。契約しているエックスサーバー用のネームサーバーの設定が簡単に行えますし、Whoisの公開代行が無料です。

ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス『エックスドメイン』

ドメインを取得したら、【ネームサーバー】と【Whoisを代行公開】を設定する。

※個人でサイトを作るならドメイン取得後は必ずWhoisを代行公開にすること。個人名&住所が丸わかりになります。

わたしはドメインを取得する時、「日」を気にします(^^ゞ 宝くじ売り場にも「今日は一粒万倍日 」ってのぼり旗がありますよね。ドメインもなるべく縁起のいい日に取得しています。一粒の米が何倍にも増える【一粒万倍日】、日本の暦の上で最上の吉日とされる【天赦日】、金運がやってくるとされる【寅の日】…。ドメイン代が何倍にもなって返ってくることを願いつつ…(笑)

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)【2015・2016年】

WordPressをインストール

エックスサーバーでの自動インストール機能を使ってWordPressをインストールします。

サイト名やパスワード、IDを決める

ID以外あとから変更が可能です。※IDはadminのままは絶対ダメ

エックスサーバーの管理画面からセキュリティーの設定を行う

WordPressのインストール前に行っておくと、インストール後多少放置していても安心です。エックスサーバーは様々なセキュリティーを管理画面上から行うことが出来るのです。

         
  • 国外IPアドレスからの接続を制限
  • ログイン試行回数制限
  • コメント・トラックバック制限設定
  • SMTP認証の国外アクセス制限設定

MySQLデータベースを作成し、そこにエックスサーバーの自動インストール機能を使ってWordPressをインストール。

テーマをアップロード

FTPソフトにドメインが追加されたか確認し、テーマをアップロード。

テーマはローカル上でカスタマイズ済みのものをアップロードする場合もあるし、STINGER5とかとりあえずのものを入れておく。要らないテンプレートは削除しておく。


※WordPressを始めたばかりの人は、FTPソフトを設定しない状態でブログを書き始めてることが多々あるようです。カスタマイズ時に画面を真っ白にしてしまった場合、FTPソフトからバックアップファイルをアップロードする必要があるのでわからないと言って後回しにするのはやめた方がいいですよ。

WordPressの設定

WordPressのダッシュボードの【設定】の項目から基本設定を行います。
サイトのキャッチフレーズ、RSS/Atom フィードでの各投稿の表示 、テーマに合わせた画像のサイズの設定、パーマリンク設定( /%postname%/ )などを行う。

WordPressの最初の基本設定 | AFFINGER(アフィンガー)

pingの送信先はゆめぴょんさんのサイトを参考にして設定しています。

その他、ウィジェットのいらないものを整理したり、Hollo Worldとかピニャコラーダを削除したり、別の記事に書き換えたり。

プラグインをインストール&設定

プラグインはFTPからアップロードするよりも、一からインストールした方がトラブルが少ないと思います。

↓↓どんなサイトにもとりあえず入れるプラグイン。

  • Widget Logic
  • Akismet
  • Contact Form 7
  • WP Multibyte Patch
  • BackWPup
  • AddQuicktag
  • EWWW Image Optimizer
  • Better Delete Revision
  • PubSubHubbub
  • Broken Link Checker
  • Google Analytics Dashboard for WP
  • WordPress SEO by Yoast
  • Show Current Template
  • 001 Prime Strategy Translate Accelerator
  • WP Hyper Response

インストールしておいて、テーマのカスタマイズや、設定の終了後に有効化するプラグイン。

  • Autoptimize
  • W3 Total Cache
  • Google XML Sitemaps

サイトによって使ったり、使わなかったり。。。

Google Search Consoleサーチコンソールに登録

旧ウェブマスターツールですね。これは忘れずにやっておきます。設定後、プラグインGoogle XML Sitemapsを有効化。

気休め程度にBing – Web マスター ツールにも一応登録。

アナリティクスはプラグインGoogle Analytics Dashboard for WPでさくっと設定しています。

robot.txtの設定

robot.txtは以下の理由からちょっと良くわからなくなってきたので、現在保留中。後日紹介を書きます。

記事の投稿開始

記事はインデックスが始まるまで1日1記事をアップできるようにする。

もしカスタマイズをしていなければ、並行して行う。

まとめ

後日足りない箇所や修正個所は追記していきます。
以上自分用のメモでした~。

WordPress

Please comment!

  

Messege




現在トラックバックはありません。