マイホームWEB内覧会

【注文住宅設備選び】トイレはHM標準品にし、アクセントクロスで個性的に。

TOTOトイレZJ1

ヤマダホームズで狭小3階建てを建てた我が家。家が狭いのでトイレにあまり多くの面積を割けなかったこともあり、収納スペースの問題や費用をおさえるために工夫したり、トイレは家づくりの中でも結構悩んだ場所でもあります。

それに加え、マイホーム計画中の時期からトイレはアクセントクロスを用いて個性的にしたいという思いもありました。

トイレのオプション品やトイレ自体のグレードアップなど考えに考えて、完成した我が家のトイレをご覧ください。

トイレは本体はTOTO

TOTO ZJ1

ヤマダホームズではトイレは、TOTO、LIXIL、ジャニスから選択することができ(当時)、手洗いありのウォシュレット一体型便器でした。トイレ内に手洗いを別に設置する場合はオプション扱いとなっていました。

TOTOを選んだ理由は、座った感じがしっくりくる、という理由だけです。前の家がTOTOだったんです。

一節ではトイレに座る時間は合計すると一生のうち3年間にも相当するそうです。

そうなると座り心地に重きを置くの理にかなっているのかもしれません。

トイレは標準品TOTO ZJ1

トイレ本体も、差額を払ってでもタンクレスなどスタイリッシュなものにしようと考えましたが、まぁほとんど家族しか使用しない場所なのでヤマダの標準仕様のものとしました。標準品と言えど、機能は充分です。

TOTO ZJ1の主な機能
  • 汚れをつきにくくする「プレミスト」
  • お掃除らくらく便器
  • クリーンノズル
  • リモコン

標準使用のTOTO ZJ1はTOTOのビルダー向け商品のようで、TOTOのショールームでは隅っこにかわいそうな感じで設置してありました。もしショールームに行かれたときには、係の方に聞いて見たほうが良さそうです。

リクシルとのTOTOの違い

ヤマダで選択可能なトイレのTOTOとLIXILはともにビルダー向け商品で、仕様がとても似ていました。その中で機能の特色の違いが大きく出ていたのが、

TOTOはウォシュレットのノズルが一つだけ。リクシルはノズルがおしり用とビデ用それぞれ別になっており、本体に2本あるということです。

以前の家も1本のノズルで気にしたことがなかったので、掃除も面倒だったということもあり、TOTOを後押しする要素となりました。

我が家のトイレはあまり汚れない

わたし達家族は夫、わたし、子ども(女の子)の3人家族です。男子は夫だけ。夫は座ってします!

飛び散らないのです。これが立ってされたりしたらTOTOにはせず、トビハネヨゴレをおさえるPanasonicのアラウーノを検討していたかもしれません。

夫には座ることを強要したわけではなく、一人暮らしの頃からこのスタイルだったとの事。

オプション・選択

以下、便器本体以外に選んだものや、オプションで追加したものです。

TOTO二連紙巻器一体型収納キャビネット

TOTO二連紙巻器一体型収納キャビネットYSC26N

ヤマダホームズ標準品の紙巻器です。収納の半分が壁に埋め込まれているので狭いトイレにもなんとか収まります。樹脂製なのでお世辞にも高見えするとは言えません。普通です。

画像のように掃除用品が収納できるので、トイレの床にブラシやゴミ箱を置く必要がなくなり、掃除がしやすいです。

TOTOウォール収納ワイド(埋込)タイプ

TOTOウォール収納ワイド(埋込)タイプ

こちらはオプション扱い。紙巻器同様に半分壁に埋め込まれている状態なので、割とスッキリ見えます。トイレットペーパーや生理用品などを収納しています。

KAWAJUNタオル掛け SC-701-XC

KAWAJUNタオル掛け SC-701-XC

標準品のタオル掛けはリング型のものだったのですが、前の家でもそのタイプでタオルがいつまでも濡れているのが気になりました。そしてその濡れたタオルがベチャっと壁にくっついて不衛生な感じがしていたのです。

このタイプのタオル掛なら、壁からタオルまでの距離があるし、スタイリッシュなフォルムがアクセントクロスに合っていて気に入りました。

ちなみにカワジュンの日本橋にあるショールームはタオル掛が大量に展示してあるので、お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

カワジュンショールーム
カワジュンのショールーム

トイレの壁紙

サンゲツのフィンレイソンは大好きなテキスタイルなので新築を建てるにあたってどこかで使いたかったのです。かといって壁一面を柄物にする度胸はなかったのでトイレで採用する運びとなったわけなのです。

サンゲツ フィレンソン
1階トイレは茶色系でまとめています

このフィレンソンの壁紙のネーミングはまさかのコロナ。壁紙を決めていた頃には気にもとめなかったネーミングです。アクセントクロスは右側の壁一面にだけ使用し、それ以外の壁紙はサンゲツのビルダー向けのヤマダホームズ標準品を使いました。

3階トイレ
3階トイレはブルー系

3階トイレもアクセントクロスを変え、奥の面のみブルーで、他は柄が入った壁紙となっています。

トイレ床

トイレ床 DAIKENハピアフロア オニキスホワイト

トイレの床はヤマダホームズの標準仕様のダイケンのハピアフロアという大理石のようなタイルを使用しています。色はオニキスホワイト。

トイレ天井

ヤマダホームズではトイレ・洗面所・収納などのいくつかの部分が、ダイケンのクリアトーンという湿気と防臭・吸音作用のある天井材が標準となっています。トイレではクリアトーンを採用していますが、効果は目に見えるものではないのでよくわかりません。

我が家のトイレの仕様まとめ

  • トイレ型番:ZJ1 手洗いあり ホワイト
  • 紙巻器一体キャビネット:TOTO YSC26N
  • ウォール収納:TOTO YSC36WY (※)
  • トイレ床:DAIKENハピアフロア オニキスホワイト
  • 1階アクセントクロス:サンゲツRE51548(※)
  • 3階アクセントクロス:サンゲツFE1035(※)

(※)HMオプション扱い

トイレ一つを選ぶのに結構時間をかけてしまいました。気になることがあれば、ショールームに出向き、実物を確かめる方がよりイメージしやすいように思います。

この記事が家づくりをしている方・検討されている方の参考になれば幸いです。

ちゅんこ

ちゅんこ

日々の生活を送る上で、「いかに手を抜くか」という不真面目なことを真面目に探求している意識低い系主婦です。東京ではない首都圏に極小ペンシルハウスを建築し、夫と娘(小1)と仲睦まじく暮らしています。好きな食べ物は舟和の芋ようかん。

こちらの記事もおすすめです