一戸建てかマンションか!?我が家が迷わず戸建てを選択した理由

マンション?一戸建て?

住宅の購入を検討した時に、まず考えるのは「一戸建て」か「マンション」か思い悩む人も多いのではないでしょうか。我が家がこの問題に関しては「一戸建て」と即決です。

どうしても一戸建てに住みたかったわけではないのですが、様々な要素が重なり合い、家を買うなら一戸建てしかないという消去方での結論です。

マンションの購入を考える

まず一般的に言われているマンションの購入するメリット・デメリットについて整理していきたいと思います。

マンションのメリット

  • 駅から徒歩圏内の物件が多い
  • セキュリティがしっかりしている
  • 室内の段差がない
  • キッズルームやゲストルームなどの共有スペースの充実
  • 共有部分の掃除は管理会社がやってくれる
  • 宅配ボックスがある(場合もある)
  • 資産価値が高い(場合もある)

マンションの魅力といえば居住スペース以外の共有施設ではないでしょうか。宅配ボックスにキッチン完備のゲストルームなど一戸建てには真似できない設備が充実しています。最近では24時間ゴミ出し可能な物件も増えています。

わたし自身、こどもが赤ちゃんの時に24時間ゴミ出し可能な物件に住んでいましたが、汚れたおむつもすぐゴミとして家から出すことができたで匂いで悩むことはありませんでした。また、タワマンのゲストルームで子供の幼稚園のお楽しみ会を開いてもらった時には施設の豪華さに驚愕したものです。

マンションのデメリット

  • 近隣の住民へ配慮のある生活を送らなければならない
  • 管理費や修繕積立費、大規模修繕費などの支払いがある
  • 駐車場の費用がかかる

マンションでの生活では上下左右の接している住民に対して、日々配慮して生活していかなければならないということです。また毎月支払いが必要になる管理費や修繕積立費は払ったところで自分の資産にはなりません。修繕積立費は築後○年で行われる大規模改修後に値上がりするパターンもあると聞いています。

マンション暮らしでいやだったこと
  • 近隣住民のベランダでの喫煙
  • 上の階の人がシーツを干す時に最大限まで下げてきて家のベランダにまでシーツが侵入すること
  • 午後2時にオペラを歌い出す人
  • 常に人の気配を感じること
  • 常に人を気にして行動しなければならないこと

マンションでの生活は一戸建てよりも物理的に近くで生活しているので住民の方の面の方を多くみてしまうのでしょうね。適切な距離を保つって大切です。

一戸建ての購入を考える

一戸建てもマンションと同様にメリット・デメリットが存在します。

一戸建てのメリット

  • 管理費・修繕積立費の支払いがない
  • 駐車場代の支払いがない(敷地内に駐車できる場合)
  • 家から車までの距離が短いので荷物の運び込みが楽
  • マンション程の音のトラブルが少ない
  • 将来的に建て替えができる

一戸建てのメリットは管理組合の制限もなく、常識の範囲であれば自由に生活ができるという点でしょう。自宅を事務所にすることもできますし、動物を飼うのにも制限はありません。階下の人がいないのである程度の生活音に制限はなくなります。

また敷地内に駐車できるのでたくさん買い物をして帰ってきても、家の中に運び込むのはマンションに比べて楽になります。

マンションは大規模修繕は築後何年と決まったスケジュールで行うことになりますが、一戸建ては「壁の修繕をしたいけど今年は子どもの受験があるから来年やろう」などというふうに自分で修繕のスケジュールを組むことだって可能です。

一戸建てのデメリット

  • 駅から離れていることが多い
  • 建物は耐用年数が短い
  • 台風・水害・地震などのリスクが大きい
  • 防犯上のリスクが大きい
  • 修繕などは自己責任で行わなければならない
  • 売りに出すときはマンションより値崩れが大きい

一戸建てのデメリットは建物の資産価値が低いという点です。作りのしっかりとしたマンションと比べると、台風被害や地震などの自然災害の被害が大きいのは一戸建てのほうです。また同じ築年数でも中古価格は大きく値が下がる傾向にあります。

セキュリティ面においてもオートロックや警備会社と契約しているマンションに比べるとどうしても見劣りします。

一戸建てはメリットである全て自分で好きにできるという面と、全てにおいて自己責任というデメリットが共存しているのです。

我が家は一戸建てに決定

マンション・一戸建てどちらもメリットとデメリットがありますが、我が家が一戸建てに決めた理由は下記になります。

駅チカである必要はない(今の所)

夫が職場まで徒歩圏内を希望していたので特に駅チカにはこだわっていませんでした。ただ将来的に子どもが電車通学になった時に困ったりしないよう、バス停の近く、かつ駅まで徒歩15分程度の場所にポイントを絞り、物件を探しました。

マンション価格の急上昇

家を探している2018年頃は、首都圏のマンション価格がバブル期に到達したと言われるほど上昇していたのです。希望エリアでも駅5分以内だと新築6500万、築15年の中古でも5200万など、もう完全に手が出ない価格になっていたのです。

駐車場から家まで遠いのが嫌だった

わたしは免許を持っているのですが10年程ゴールドを保持しているペーパードライバーなので、週末に夫の運転でまとめ買いをするようにしています。そのため荷物が多いのです。建物に車を横付けして荷物を下ろしたところで、エントランスから家まで遠いのが苦痛でした。一戸建てなら家の前に車があるので荷物の運び込みがすごくラク

車とは関係ないですが

家からエントランスまで遠いと、忘れ物を家まで取りに行くのが大変でした。子どもを幼稚園に送っていく時に、自転車に乗せてから「かばん忘れたー」と言われ何度猛ダッシュしたことか。

人の気配を感じながら生活するのが嫌だった

上下左右に部屋が接していると当然おたがいに音に配慮した生活を送るのがマナーです。もちろん「おたがい様」の部分もありますが、この「おたがい様」の尺度は人それぞれですよね。それを気にするのが嫌になりました。

一戸建てでも最低限のマナーを守った上でご近所さんに配慮した生活を送るのは当然ですが、些細な生活音がしなくなったのが思った以上にストレスレスです。

コロナ自粛下の生活

一戸建て新居への入居が2019年8月だった我が家。その当時は誰も予想しなかった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行の為に自粛生活において、一戸建てでの生活は不便を強いられながらも快適でした。

階下の人に気兼ねなくできるリングフィットアドベンチャー、ベランダでの日光浴、シネマモード音声(テレビ)での映画鑑賞。

2019年のうちに一戸建て買っておいてよかったーーーー!

コロナ禍で家にいる時間が増えると、小さくてもプライバシーが保てる戸建て住宅の人気が高まりそうですね。

ちゅんこ

ちゅんこ

日々の生活を送る上で、「いかに手を抜くか」という不真面目なことを真面目に探求している意識低い系主婦です。東京ではない首都圏に極小ペンシルハウスを建築し、夫と娘(小1)と仲睦まじく暮らしています。好きな食べ物は舟和の芋ようかん。

こちらの記事もおすすめです

関連するキーワード